プラッセ&だいわ
イベント情報 だいわニュース お店案内 クッキングレシピ 牛肉トレーサビリティ ポイントカード 会社案内 採用情報
    HOME クッキングレシピ クッキングレシピ 8月放送分
クッキングレシピ
■クッキングレシピ  
■2015年
■2014年
■2013年
□1月放送分
□2月放送分
□3月放送分
□4月放送分
□5月放送分
□6月放送分
□7月放送分
□8月放送分
□9月放送分
□10月放送分
□11月放送分
□12月放送分
■2012年
■2011年
■2010年
■2009年
■2008年
■2007年
■2006年
  クッキングレシピ
8月4日放送 夏のシーフードカレー <協賛> S&B
8月11日放送 肉団子と夏野菜の冷し鉢 <協賛> マルモ
8月18日放送 冷しギョーザ <協賛> 山忠
8月25日放送 鶏の照焼き寿司 <協賛> 永谷園
■夏のシーフードカレー (8月4日放送)
夏のシーフードカレー S&B
【 材料(4人分):505kcal/1人 】
・(A)玉葱 大1コ ・バナメイエビ 12尾
・(A)人参 1本 ・ほたて貝柱 6コ
・(A)にんにく 2片 ・イカ 150g
・(B)オクラ 5本 ・オクラ 6本
・(B)えのき茸 1株 ・サラダ油 大さじ1
・バター 大さじ2 ・塩、コショウ 少々
・S&B ゴールデンカレー 1/2箱 ・(C)ごはん 適宜
・水 800cc ・(C)パセリみじん切り 適宜
・塩、コショウ      

(1)Aはすりおろす。
(2)Bはみじん切りにする。
(3)バターで(1)を炒め、(2)を入れて炒め、水を加える。
(4)一煮立ちさせ、弱めの中火で7〜8分ほど煮込み、火を止めてゴールデンカレーを混ぜ込む。
(5)もう一度火にかけて塩、コショウで味を調える。
(6)エビはカラと背ワタを取る。
(7)ほたて貝柱は厚み半分に切る。
(8)イカは1〜2cmの輪切りにする。
(9)オクラは茹でて斜め半分に切る。
(10)サラダ油で(6)〜(9)を炒め、塩、コショウする。
(11)器にCを盛り、カレーをかけ(10)をのせる。

【瀬戸先生のワンポイント】
野菜をすりおろすと、全体がまろやかでとろみがつきます。人参ぎらいなお子様におすすめです。

このページのトップにもどる
■肉団子と夏野菜の冷し鉢(8月11日放送)
肉団子と夏野菜の冷し鉢 マルモ
【 材料(4人分):233kcal/1人 】
・(A)豚ミンチ 300g ・(B)マルモ ほめられ香りだし 1袋
・(A)生姜みじん切り 小さじ2 ・(B)水 4 1/2カップ
・(A)大葉みじん切り 2枚 ・(C)みりん 大さじ2
・(A)塩 少々 ・(C)塩 小さじ2/3
・ナス 2本 ・(C)うす口醤油 大さじ1
・南瓜 450g    

(1)Aの豚肉はよくつかんで滑らかにし、生姜、大葉、塩を混ぜて食べやすい大きさに丸めて茹でる。
(2)ナスはたて半分にし、皮目に斜めの浅い切り込みを入れ、5〜6コに切る。
(3)南瓜は3〜4cm角に切り、面取りをする。
(4)Bを煮立て、出汁を取りCを加える。
(5)(4)に(2)、(3)を入れて落としぶたをし、2〜3分したら肉団子を加え中火にかける。
(6)南瓜がやわらかくなったら火を止めて、そのままさまして盛り付ける。

【瀬戸先生のワンポイント】
豚肉団子は下茹でをし、余分な脂肪を取りましょう。豚肉は疲労回復に役立ちます。

このページのトップにもどる
■冷しギョーザ(8月18日放送)
冷しギョーザ 山忠
【 材料(4人分):187kcal/1人 】
・鶏ミンチ 300g ・酒 大さじ1
・山忠 九州産カットわかめ(戻)
みじん切り
50g ・ギョーザの皮 30枚
・葱みじん切り 大さじ2 ・大葉  
・白ゴマ 大さじ1 ・氷  
・醤油 大さじ1/2 ・酢  
・塩 小さじ1/3 ・醤油  

(1)挽肉をこねて滑らかにし、きざんだわかめ、葱、白ゴマ、調味料を混ぜる。
(2)ギョーザの皮の端をぬらし(1)をのせ、2つ折りにする。
(3)熱湯で茹で、水に取る。
(4)大葉を広げ、氷と共に盛り、酢醤油で食す。

【瀬戸先生のワンポイント】
冷してサッパリ食べられるように、挽肉は鶏を使います。皮が破けないよう、中身の入れ過ぎに注意!

このページのトップにもどる
■鶏の照焼き寿司(8月25日放送)
鶏の照焼き寿司 永谷園
【 材料(4人分):700kcal/1人 】
・ごはん 1kg ・(B)卵 4コ
・永谷園 すし太郎 1袋 ・(B)砂糖 大さじ1
・若鶏モモ肉 1枚 ・(B)塩 少々
・サラダ油 少々 ┌・インゲン 100g
・(A)醤油 大さじ2 └・塩 少々
・(A)みりん 大さじ2 ・もみのり 適宜
・(A)砂糖 小さじ2 ・紅生姜 適宜

(1)ごはんにすし太郎を混ぜる。
(2)うすく油をひいたフライパンで鶏肉を両面焼き、Aを入れて味をからめ、さめたら1cm幅に切る。
(3)Bをよく混ぜ、湯煎にかけ、いり卵を作る。
(4)インゲンは茹でて斜めうす切りにし、うす塩をする。
(5)(1)を広げ、のりを散らし、卵、インゲン、鶏肉を盛り、紅生姜を添える。

【瀬戸先生のワンポイント】
鶏肉は皮の方から焼き、こげめをつけて返します。余分な油が出たらキッチンペーパー等でこまめに取りましょう。

このページのトップにもどる
お店検索 鹿児島市地区 川薩地区 北薩地区 南薩地区 大隅地区 種子島地区 奄美大島 宮崎地区 TSUTAYA
ご意見・お問い合わせ 個人情報保護方針